1. HOME > 
  2. 製品情報 > 
  3. 自家水道システム

製品情報

 

ATS自家水道システム 【水道料金の削減】 【水源の二重化】

「自家水道システム」とは、お客様の施設で利用する「水」を地方自治体からの上水道からまかなうのではなく、自らの施設内で「水」そのものを確保するというシステムです。

一般的にはお客様の敷地内に井戸を掘削し、地下水を汲み上げ、水処理装置で浄化して利用することになります。

当社の水処理装置は、地下水の水質やお客様の利用目的(飲用、その他)に応じて高度膜ろ過装置などをトータルで設計し、24時間監視を用いて管理いたします。これが「ATS自家水道システム」です。

ATS自家水道システムの導入メリット

ESCO方式を利用したコスト削減
ESCO(エスコ)方式での導入の場合、お客様の遊休地をご提供いただくだけで井戸の掘削や設備工事、その後のメンテナンスから消耗品の供給まで、全て当社の責任・費用で行います。

お客様は、使われた水量分だけを私たちにサービス料金(例えば1m3当たり250円)をお支払いいただきます。このような契約形態をESCO(エスコ)方式と呼んでいます。

※ESCO(エスコ)方式とは

水質の向上
水道水よりも高品質な水をご提供できます。

本システムは、当社独自のノウハウを生かし、高度な膜を使った膜ろ過装置を採用しているので、有害物質や細菌類、ウィルスなどを確実に除去することができます。

地下水の有効利用
非常事態発生時には上水道以外の第二水源としても水を確保することができます。

渇水時期の取水制限時にも地下水は利用でき、水量の確保・リスクヘッジできます。

保証内容の充実
・お客様に供給する水質保証(水道法遵守)

・お客様に必ずメリットが出るように確約(上水道料金ダウン時、本システム故障時)

・機械トラブル時、井戸枯渇時における市水道料金との差額保証

フルメンテナンス体制の整備、24時間遠隔監視システム
アクアテクノシステム株式会社による、安心のフルメンテナンス体制を整備。

また24時間遠隔監視システムの採用によりトラブルを予見、迅速対応いたします。

一般的なシステムフロー図

1.原水槽
深井戸から汲み上げた地下水を貯留
2.急速濾過装置
急速濾過による前処理(通常の飲料水程度まで濾過)
3.前処理水槽
前処理した水の貯留・水量調整
4.膜濾過装置
前処理した水の高度膜濾過(各種の膜濾過方式)
5.処理水槽
膜濾過処理した浄水を貯留
6.24時間監視装置
残留塩素濃度、濁度、水量等を常時監視
7.受水槽
高度処理水と上水を合わせて貯留・送水

飲料水、生活用水として利用

このページの先頭へ

HOME会社概要製品情報導入までの流れ導入実績メンテナンスよくあるご質問新着情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright (C) AQUA TECHNO SYSTEM, Inc. All Rights Reserved.